ストラップといえば携帯電話携帯電話を連想する人もいるだろう。スマイル

携帯電話が主流電球の頃は、ストラップはごく当たり前なものとして販売され、一つの携帯に山のようにつけているウッシッシ人もいました。
ストラップについているキャラクター猫も定番なものから毛色の変わったexclamation & questionものまでありとあらゆるものがあった。犬

それがスマートフォンポケットベルの普及によってストラップはつけなくなり、今やほとんど見かけなくなった。グラフ
スマホによってはストラップを通す穴が開いているものもあるが、金プラチナ買取で使っていない人も結構いる。冷や汗
たぶんスマホになって画面が大きくなって邪魔になるふらふらからかもしれません。

一方私はスマートフォンにストラップは必需品指でOKです。写真撮影カメラするときストラップの紐の部分を指手(パー)に絡ませておけば、万一手を放しても落下しないためだ。手(OK)
夜の橋の上や山富士山の展望台から撮影するとき落としてしまう危機げっそりを逃れたことが何回もあるからだ。冷や汗