登戸名所紹介シリーズ、今回は特に地味な名所、「筏道」です。

登戸の裏路地の片隅に馬頭観音の石碑が立っています。地元でも誰も気に留めることはありませんが、実はこの石碑は筏道の道中安全を祈ってのものだといわれているようです。

江戸時代の登戸は多摩川の水運で栄えていて、特に、多摩の山奥で切り出した丸太を、筏を組んで浮かべることで多摩川の下流まで運んでいたそうです。その筏流しの帰り道に木こりたちが多摩川をさかのぼって歩いたのがこの筏道です。
写真は登戸の上流側の中野島付近ですが、対岸の狛江側、世田谷通り方面に延びる筏道もあったようです。

これが由々しき問題であるという論調には同意するのですが、ではどうして子供が減っているのか、プラチナ買取を増やすにはどうしたらよいかという議論になると、どれも的外れな話ばかりだと感じます。